« September 2011 | Main | February 2012 »

【D&D】The Shackled City[第3章]06

「…本来、『洪水祭』は冬の洪水に備えるためのものでした。一番の降雨量になるこの一週間、雨を見張るため、夜通し誰かが起きているための方便」

 ジェンヤが祭の由来に言及する。それは、生粋のコールドロンっ子であるアランとテッドにも、初耳の話だ。

「つまり、それがだんだんお祭り中心になっちゃったってことですか」

 テッドが確認するように問う。ジェンヤは肯きを返す。

Continue reading "【D&D】The Shackled City[第3章]06"

| | Comments (0)

【D&D】The Shackled City[第3章]05

「よく来てくれました、さあ奥へ――なんてこと」

 寺院前で待ち構えていたジェンヤが、テッドとタリスの背後のマグロ状酔漢2体を見て眉を顰める。浮遊盤に駆け寄り、身じろぎ一つしないレイウルトとアランのアルコール臭とその顔色を確認すると、即座に呪文を二度投射。

「――っ痛うー?!」

 アランが意識を取り戻し、額に両手をあててのたうつ。狭い浮遊盤の上でレイウルトにぶつかると、反対側に転がって、路上に腹から落ちた。

「ナニコレ、なんで俺こんな頭いてえのー?!」

Continue reading "【D&D】The Shackled City[第3章]05"

| | Comments (1)

【D&D】The Shackled City[第3章]04

「メイヴさん、こちらへ」

 小舟の縁から低く身を乗り出し、腕をこちらに伸ばすのは鮮やかに赤いビキニ姿のアビゲイルだ。同じ船に、ケンクのピーターと召喚術師グランツの姿もある。二人は、アビゲイルの乗り出しで船が傾かぬよう、逆側に身をよせているが、その手にあるのは小杖。

 小山のように盛り上がった湖の主“モッコス”――の幻影は、おなじくメイヴ――の幻影をその幻の触手に絡め取り、そのエロ、いや恐ろしさを岸辺の観客たちに十二分にアピールしている。

「…幻影。これが、大当たり?」
「ええ、アカデミー幻術部とウィー・ジャス女子寮有志の共同制作なんです」
「…そっちの二人は?」

 銀の髪から清廉な雫を船板に垂らしながら、メイヴは小首をかしげる。

Continue reading "【D&D】The Shackled City[第3章]04"

| | Comments (0)

【D&D】The Shackled City[第3章]03

 雨が降る。コールドロンの冬は、雨季にあたる。それも、南国特有の激しい驟雨だ。その冬最初の土砂降りがくれば、今年も、

「さあ、コールドロン市長セヴェレン・ナヴァラントの名において、ここに『洪水祭』の開催を宣言する!!」

 コールドロンの冬祭り、『洪水祭』が始まる。おお、と歓声が上がる常設大天幕は、センター湖のほとりに建っている。
 例年になく強い雨脚が湖面を叩くのを、だが祭りが開催された今ばかりは、誰一人厭う者とていなかった。

Continue reading "【D&D】The Shackled City[第3章]03"

| | Comments (0)

【D&D】The Shackled City[第3章]02

 胸元を狙ったアランの腕を、赤毛の女は軽やかにターンして回避。谷間を見せつけるように両の手を円卓につくと、

「まったく!男はみんなここを狙いやがるね」

「コーラ、君の踊るような足さばきはいつだって素敵だ」

 女の傍らに座っていた、髭の男がそう褒め称えながら席を立つ。

「そして、私のパートナーに手を出すのかね、そこの君。では不肖アスラーキン二世、彼女の盾として君たちの挑戦を受けよう」
「まあ、ザッカリー」

 芝居がかった男――ザッカリー・アスラーキン二世の宣言に、赤毛の女――コーラがうっとりとした視線を送る。

Continue reading "【D&D】The Shackled City[第3章]02"

| | Comments (0)

【D&D】The Shackled City[第3章]01

 地獄から帰ってきた男は、全身板金鎧を身に着けていた。

 ここは溶岩通り11番地、ひび割れタンカード亭。

「おっ、レイウルトさんじゃねえか!久しぶり」

 入り口にほど近い座席のアランが目ざとく見つけ、真っ先に声をかける。

「ああ。ついに――魔法使いになったぞ」

Continue reading "【D&D】The Shackled City[第3章]01"

| | Comments (0)

【D&D】The Shackled City[第2章]21

「いよう、元気そうじゃねえか」

 グリードに声をかけてきたのは、彼より頭二つは背の高いハーフオーク。それは、グリードには忘れようのない、

「レ、レヴス…なんの用ズラ」

 彼に瀕死のリンチを加えた悪党、レヴス・“ツインダガー”。

Continue reading "【D&D】The Shackled City[第2章]21"

| | Comments (0)

【D&D】The Shackled City[第2章]20

「おや珍しい。なにか変わった品でも見つけたかね」

 骨董品店店主、ハーフリングのティゴット老は作りかけの細密模型から顔を上げ、最近馴染みとなった客を出迎えた。足元では斑模様の大型犬が、退屈そうに寝そべり耳も動かさない。

「珍しいのかどうか見てもらおうと思ってさ」

Continue reading "【D&D】The Shackled City[第2章]20"

| | Comments (0)

【D&D】The Shackled City[第2章]19

「いやいやすばらしい。依頼してから3日もかからんとは」

 市警隊長ターゼオンは感に堪えぬといった風情で冒険者たちを見まわした。

 聖カスバード司祭、ジェンヤ立ち合いのうえで、吸血鬼ドラクサールの死灰はすでにセンター湖に投じられている。

Continue reading "【D&D】The Shackled City[第2章]19"

| | Comments (0)

【D&D】The Shackled City[第2章]18

「お前はどうだか知らんがヒーロー、お友達は善人と見たぞ? さあ、哀れな俺の命乞いの交渉に応じてもらおうか」

 傲然とクロールリンデルが胸を張る。

「こ、こいつ…!」

「呪い師。ウィー=ジャスの司祭には死体から情報を引き出す手段もあるのです。立場を弁えて口を開きなさい」

 場の空気が凍る。アランとテッドは、アビゲイルの初めて見せる厳しい表情に言葉を失った。

# # #

Continue reading "【D&D】The Shackled City[第2章]18"

| | Comments (0)

【D&D】The Shackled City[第2章]17

「…さあ、好き放題やってくれたねえ、ええ?!」

 死力。仲間たちは死力を尽くした。敵、ハーフオークの斧槍使いたちの一糸乱れぬ横列陣を、ある時は弓、ある時は巧みな歩法と挟撃で崩し、その半数までを倒した、のだが。

「動けば!こいつの首を刎ねる!」

Continue reading "【D&D】The Shackled City[第2章]17"

| | Comments (0)

« September 2011 | Main | February 2012 »