« May 2011 | Main | July 2011 »

【D&D】The Shackled City[第2章]10

「…それで、この先が吸血鬼の棲処なのですね?」

 翌日昼過ぎ。準備を整えたパーティは、昨日の明け方撤退した、オラックの湯の地下にいた。
 もとはドワーフの地下神殿であったらしいこの広い地下階は、その通路から先は無残に裂け、斜めに下りゆく幅広の洞穴となっていた。

「地震か、地滑りでできた裂け目ってカンジだな」
「けっこう急な坂になってるね」

 手をつくほどではないが、転べば暫く滑り落ちていくであろう程度の急勾配は、陽光棒の明かりの届く範囲のそのむこうまでずっと下っている。

# # #

Continue reading "【D&D】The Shackled City[第2章]10"

| | Comments (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »