« 【迷キン】絶対主義魔法合衆国興亡紀6 | Main | 『発狂した宇宙』もしくは『時空監視官出動!』 »

【迷キン】絶対主義魔法合衆国興亡紀7(了)

* * *
 合衆国議会は、国教を天階信仰と制定し、人民がそのほかの宗教上の行為を自由に行なうことを禁止する。しかし合衆国議会は、言論または出版の自由を制限する法律、ならびに市民が平穏に集会する権利、および苦情の処理を求めて政府に対し請願する権利を侵害する法律を制定してはならない。

   ―――絶対主義魔法合衆国憲法第2条

* * *
「いやあ、あのコンボはやばかったな」
「本当に間一髪でしたね」

 長かったが勝利した戦闘など日記の足しにもならない。宮廷は、死者を出すことなくダンジョンヲタクたちを殲滅した、と書いておけば事足りるのであった。間を空けすぎて忘れたとかそういうのではない。本当である。

「これで思いやり予算もゲットだ!大臣、収支はどうか?」
「は、閣下。合衆国経済は黒字基調。貿易赤字もなく健全そのものです」
 輸出入とか管理してないから貿易云々を語れるわけがないのだが、そこはそれ気分の問題である。
「うむ、たいへんに気分がよいぞ!さあ、この気分のまま凱旋しよう!」
 ほらね。

「……そういえば、まだ牙の収集が済んでなかったのではないか?」
「たしかに」
「そうですね」
「よし、気分いいついでに小鬼狩りをして帰ろう!」
「お、おやめください閣下!ワンダリングで経験値稼ぎ、それは禁忌の所業にございます!」
「む、なんだヤプー。わしは気分を害するぞ」
「無理に難しい言葉を使わなくても結構です閣下!それより小のために大の危険を行うの儀、なにとぞ思いとどまりくださいませ!はるか昔“大災厄”の以前、『でぃーあんどでぃー』なる国にてランドメーカー『マイチ』なるものがわずかな経験値を求めてワンダリングの荒野にさまよい出たところ、死よりも恐ろしい運命に見舞われたと申します。以後今日に至るまで、“わずかな禄を求めて好んでワンダリングと相対するもの、必ずや恐ろしい『蝕の日』に出会うであろう”という旧き言い伝えがっっっ」

「そーれゴロゴロー」
「ああああああっ、聞いてないし!!」

* * *
 そして、現れたのは【小人さん】5人と【取り替え子】3人。
「ほうれ見ろヤプー、弱そうで恐るるに足りん輩ではないか」

「あああああ、閣下。【小人さん】を倒すのはちょっと」
  (「えー、あんなに可愛いのに殺しちゃうのか」)
  (「いくら尚武の気風だからってそれは虐殺だよな」)
  (「マジ幻滅ー。大統領の弱いものいじめカコワルイ」)

「む?なんだか配下の民から冷たい視線を感じるが」
「【小人さん】を殺すと【気力】と【民の声】が失われるんです!【民の声】すなわち支持率!一定数を割り込むと政治不信から国が乱れるのですっ!!」
「なにっ!なぜそれを先に言わん!ピンポン、お前がワンダリングを振ろうなどと言い出すから!!」
「言ってませんよ?!」

「これはイカン。ヤプー、魅力的外交で丁重にお引取り願え」
「だ、ダメです!【小人さん】たちは閣下の闘気に反応してやる気マンマンです!」
「……直ちに撤収!われらはベ○ナム戦争の愚は侵さぬ!!」

『ママー、ママー』←【足止め】
「うわっ、違うよ?!私は君らのママと違うよ?!」
「おおっ、騎士ピンポンが単身殿を!」
「撤退するのに独りでカッコイイことをしよってっ!そこで死んだら青空に笑顔でキメさすぞ!」
「ちがうんですー、べつに好きで遅れてるわけではーっ」

『ママー、ママー』←【足止め】
「うわあああああああ」
「『蝕の日』だ!『蝕の日』だ!ワンダリングの呪いだ!」

* * *
「ふう、危なかった。まったくピンポンはいつも余計なことをする」
「ええー」
「まあピンポン殿も悪気があった訳ではないので、閣下。ここは私の顔に免じて」
「むー、ヨミがそうまで言うのならやむを得ぬ。ピンポン、今回の件は不問に処す」
「えええー、釈然としなーい」

* * *
 そして大統領一行は凱旋を果たし、『神聖ダンジョニア自治領』の女王メイクイーンと『神聖マヨネーズ王国』の国王マヨネーズキングの結婚を仲立ちした。3国の友好と同盟に天階の祝福あれ。

 合衆国歴元年、『ニート州』併合。州旗には古の言葉で『働いたら負けかなと思っている』と書かれているという。しかし、あんまり古い言葉なので、国内にその真偽を確かめられるものはいない。

 今日も宮廷には剣戟の音が。
「わはははは、さあどんどんかかって来い!わしに一太刀なりとも入れたものはランドメーカーとして取り立ててやろうぞ!」
「閣下っ!大統領閣下っ!子供たちと遊ぶならむこうでやってください!!」
「ほんと脳筋なんだから」
「閣下この間、『ああ、【後宮】建てよっかなー』とか言ってましたよ」
「【後宮】より【処刑場】が先でしょうに」
「わー、どんだけー」

 ……ああ、絶対主義魔法合衆国よ、永遠なれ!

「ナレーションが無理やりまとめに入りましたよ」
「無理なのに」
「ですよねー」
「……。」
「わあっはっはっはっは!!!!」
* 完 *
# # #
(絶対主義魔法合衆国興亡紀・了)

|

« 【迷キン】絶対主義魔法合衆国興亡紀6 | Main | 『発狂した宇宙』もしくは『時空監視官出動!』 »

Comments

The comments to this entry are closed.