« 【迷キン】絶対主義魔法合衆国興亡紀5 | Main | 【迷キン】絶対主義魔法合衆国興亡紀7(了) »

【迷キン】絶対主義魔法合衆国興亡紀6

* * *
 この憲法で合衆国に委任されておらず、また州に対して禁止していない権限は、それぞれの州または大統領に留保される。
   ―――絶対主義魔法合衆国憲法第10条

* * *
「ここで行き止まりですか」
「そんなはずはない。見よ!」

 大統領の指差す先に明らかにされた隠し扉。

「さっき見つけておいたのだ!どうだどうだ、すごいだろう!」
「さすが閣下」
「すごいや閣下」
「あれ、なんか忘れてるな」
「……。」

 ニンジャ水晶ドクロ、立場なし。

* * *

「ランドの監視/管理室といったところか」
「けーっこう広いですねえ」
「でも裏側ってかんじー」

『うぇっっへっへっへ、よいではないかよいではないか』
『ぎゃあああああ』

「なんか両方とも男の声でしたけども」
「とりあえず急ぐのだ!」

 元救護室と思しきベットの上で、デカイマヨネーズとデブがくんずほぐれつ。

「ああ、遅かったか」
「遅くない!遅くないよ!たーすけてー!!」
「ワシャあ、ワシャあマヨネーズが大好物なんじゃああああ」
「マヨネーズキング・ピュアセレクト!!いまお助けしますぞ!!」

 マヨキンにのしかかるはニートランドの僭主ダンジョンヲタク!!マヨネーズの油ギトギトとダンジョンヲタクの脂テカテカが迷宮の星明りを反射してうおまぶしっ

「邪魔じゃああ」

 ダンジョンヲタクの腕の一振りで現れるシーツおばけにハニワにカップ麺。

「ずいぶん見くびられたものだな。ピンポン!」
「はっ」

 いざ戦闘開始!大統領ともども前進を開始する両雄、しかし!

「にやり」

 【迷核変動】→【地雷原】配置

「後ろに?なんのつもりか」

 【お化けだぞ~】→ランドメーカーは一歩後退

「は、はわあああ?!」

 すんでのところで地雷を避けるランドメーカー。

「ちっ、惜しい」
「「やべえええ!このコンボヤバすぎる!」」

* * *
(続く)

|

« 【迷キン】絶対主義魔法合衆国興亡紀5 | Main | 【迷キン】絶対主義魔法合衆国興亡紀7(了) »

Comments

The comments to this entry are closed.