« 【NHD】『恐竜王子』2 | Main | 【NHD】『恐竜王子』4 »

【NHD】『恐竜王子』3

2007年08月22日mixiより再録。ネタバレあり。
# # #

* * *
「図書室は収穫なしっス。ここんところ目立って恐竜の本を借りてる学生は小中高ともいねぇッス」
「今度は語尾が変ですよ」
「フヒヒッ、サーセン。腐女子の習性みたいなもんで生あったかく見守って欲しいッス」
「ぐぁー、めっちゃむかつくわあー!」

「委員長の『復元』したノートに、弟さんが亡くなったことが書いてあったのは話しましたね?あれ、ちょうど1年前のことなんですよ。明日が一周忌」
「弟さんいくつ?」
「ちょうど『恐竜王子』ぐらいの歳です。享年7歳」
「うわあ怪しい。じゃあレミングはいいんちょで決まりじゃね?」

「そうも行きません。ドリームダイブ――人の心に踏み込む行為は、相手の精神に非常な負担を与えます。最悪、廃人になる例もあるんです」
「しゃあねぇ、もうちょっと調べるか。委員長の名前なんだっけ」
「モリナガ・ユウコ。弟さんがタクロー君です。クラスメイトの名前くらいは覚えていて欲しいですね」
「センセー、名簿見ながらじゃあ説得力ゼロだぜ?」

* * *
「一年前……一年前……新聞、これかなあ」
「どれどれ……『夢が丘公園で小学生事故死』」
「ビンゴビンゴ。続きは?」
「ええと……『9日午後2時15分ごろ、マチナカ市の夢が丘公園で、同市在住のモリナガ・シンヤさん(38)の長男タクロー君(7)が、園内の高さ4.5mのトリケラトプス像から転落して死亡した。県警マチナカ署は、保守管理の面で園を管理する市の……』」

「ああ、あったなこんな事件。そうか、委員長の……」

「じゃあ早速手分けして調べましょう。私は明日モリナガさんに会ってみます。土曜日ですし」
「俺は公園に行ってみるよ」
「自分は事故の詳しい事情を調べてみるッスよ」

「テツヤくん、気をつけて」
「ああ?別に気をつけるほどのことはねえだろ」
「ん」
「……まあ、おにぎりうまかったぜ」
「ん」

「萌えー!萌えるー!!畜生、なんでICレコーダー回してなかったかな自分ー!とりあえず写メで我慢しとこう!」
 うわあ……と、山田は声にならない呟きを漏らした。それがどんな感情を含むものなのか、当の本人にもよく分からなかったが、そのとき、身体が少しだけクタラギから距離を取っていたのは事実であるので、ここに記しておく。

* * *
(続く)

|

« 【NHD】『恐竜王子』2 | Main | 【NHD】『恐竜王子』4 »

Comments

The comments to this entry are closed.